おでかけ

【リッツカールトン大阪】”クラブレベル”に宿泊!豪華なクラブラウンジのビュッフェを堪能しよう!【宿泊ブログ】

大阪に旅行するというと、必ず宿泊候補になるホテルです。

リッツカールトンは国内に東京・大阪・京都・沖縄があります。

リッツカールトン大阪はヨーロビアンテイストが強く、ホテルの内装から部屋の調度品まで拘りを感じられました。

  • 最高峰のラグジュアリーホテル
  • ヨーロビアンテイストのリッツカールトンは日本でここだけ。
  • クラブラウンジによる、優雅な滞在

そんなリッツカールトン大阪のクラブレベルに宿泊してきたので、レポートにしたいと思います。

リッツカールトン大阪の場所

リッツカールトン大阪は、大阪駅

公共交通機関でのアクセス

大阪駅から10分程度の距離ですね。

一応、大阪梅田の地下街からも繋がっています。

しかし、地下迷宮として有名な地下街を歩くと逆に迷ってしまう可能性も多いです。

雨が降っていなければ、地上から向かった方がまだ、わかりやすいかと思います。

このホテルに向かう最大の壁は、大阪・梅田駅からの脱出だと思います。

車でのアクセス

130台分の駐車場があります。

1泊1台につき、2,100円ですが、宿泊中何度でも出し入れ自由なのがうれしいところです!

リッツカールトン大阪クラブレベルのチェックイン!

実際は、車で行っているので、こちらのエントランスから

行くことはないのですが。

公共交通機関を利用して、大阪駅から行く場合は、こちらのエントランスを使うことになると思います。

エントランスを抜けると

ガラっと変わる雰囲気に圧倒されると思います。

素敵な空間とシャンデリアの廊下を抜けていきます。

しばらくすると、チェックインカウンターが見えてきます。

クラブレベルの場合、「クラブラウンジ」でのチェックイン手続きとなりますが

エルベータがセキュリティのため、乗れないので

ロビーで、スタッフに「クラブレベル」の予約であることを伝えましょう。

スタッフが、クラブラウンジまで案内してくれます。

クラブフロアは、白を基調とした

落ち着いた雰囲気になっています。

ラウンジのスタッフと交代となり、席に案内されます。

クラブレベルのサービスである
フードプレゼンテーションのアフタヌーンティーを頂きながらチェックインです!

まさに優雅・・・!

チェックイン手続きでは、クラブレベルのサービスの説明が主です。

クラブレベルのサービスで良いな!と思ったのは次の内容です。

  • フードプレゼンテーション
  • ウェイクアップコールとともに、コーヒーか紅茶のサービス
  • リムジンドロップオフサービス

フードプレゼンテーション

朝食、軽食、オードブルを含む1日5回のフードプレゼンテーションを

無料で楽しむことが出来ます。

各々、時間帯が決まっています。

  • ご朝食 7:00~10:00
  • ご軽食 11:00~14:00
  • アフタヌーンティー 14:30~16:30
  • ご夕食前の前菜 17:00~19:30
  • ナイトキャップ(スイーツ) 20:00~22:00

現在(2021/01/02時点)、コロナ過によりフードプレゼンテーションの内容が変更されているようです。

記事の後ろで詳細を説明しますが

1泊の場合、 フタヌーンティー(14:30~16:30)の時間帯に

チェックインが出来ないと、翌日は頂くことが出来ないので

注意して、日程を計画しましょう!

ウェイクアップコールとともに、コーヒーか紅茶のサービス

モーニングコールと共に、コーヒーを部屋まで持ってきていただけます。

本来、「ラテ」はやっていないとの事ですが

作れる場合は、持ってきてくれます。

モーニングコールが不要の場合

朝、起きた際に、フロントにコーヒーだけのお願いでも大丈夫でした。
※筆者は毎回、このパターンです。

その場合、準備に少し時間がかかります。

リムジンドロップオフサービス

オススメと言いつつ、実は利用したことが無いです!

では、なぜ、オススメかというと。

リムジンに乗る事が出来るのも1つですが

大阪駅まで微妙に距離があるので、単純に移動が楽だからです。

先着順で台数に限りがあるので、人気の時間帯(フードプレゼンテーションの後など)は待ち時間が発生します。

リッツカールトン大阪-クラブデラックスダブル-

クラブデラックスダブルのお部屋です。
以前の宿泊では、クラブスーペリアダブルを利用しました。


ジュニアスイート、スイートレベルのお部屋には泊まったことがありませんが、
スイートも泊まっちゃいました!

ベッドルームにはキングサイズの大きなベッドが1つ

衣類を収納できるチェストなどが並びます。

テレビも大型で、ベッドから距離があっても

十分楽しめます。

テーブルは作業デスクのような感じになっています。

実際、自分はここで仕事しちゃっていました・・・(笑)

足を伸ばしてゆっくり休めるオッドマン付きのソファー

普通に座れるソファーが1つずつあります。

部屋からの眺めは、高層階ということもあり、大阪の街が一望出来ます。

1日5回のフードプレゼンテーションについて

クラブレベルの目玉である、フードプレゼンテーションです。

※コロナ過前の2020年1月時点の状況です。

クラブラウンジの雰囲気

写真は朝食時のものを使っています。

料理は、提供時間によって種類が変わります。

料理は中央のテーブルに常温で頂けるようなもの

奥側にホットスナックや、メインディッシュなどが並びます。

スープ類のコーナーもありますね。

朝はお粥が楽しめます。他の時間帯はスープなどの提供でした。

パン類やフレークなどのコーナーです。

ソフトドリンクコーナーです。

スタッフお願いしても持ってきていただけますが、セルフでも飲むことが出来ます。

お酒のコーナーです。

僕はお酒が飲めないので、あまり詳しくは解らないのです。

ワインやカクテル的な飲み物はスタッフに注文すると、持ってきてくれるようです。

ビールなども完備ですね。

ヨーグルトや、フルーツ、パンのトーストなどがあるコーナーです。

また、サーモンなど魚を利用したサラダもこちらの冷蔵庫で提供されていました。

次から時間帯ごとに、ざっくりと紹介していきます。

アフタヌーンティー

アフタヌーンティーセットは季節によって異なります。

こちらは、2019年09月のアフタヌーンティーセットです。

※先ほどのチェックイン画像のものは、2020年01月です。

女性にも丁度良いサイズ感です。

ご夕食前の前菜

ご夕食前の~ となっていますが…

チャーハンと御魚、お肉料理、中華と

ほぼ、夕食レベルです。

中華料理は同ホテル内の「中華料理 香桃」で作られているそうで、バイキングのレベルではなく、非常に美味しかったので必見です。

ナイトキャップ(スイーツ)

チョコレート、ケーキ、マカロンなどがあり、スナック菓子の用意もあります。

特にチョコレートはトリュフなので、中がトロトロで美味しいです!

味も3種類あり、コーヒーなどに合わせて楽しむことが出来ます!

ご朝食

朝食は、洋食・和食と両方の準備がありました。

特に卵料理(今回はスクランブルエッグ)は、材料や種類(オムレツなど)を注文すると、その場でシェフが作ってくれます。

出来立ての味が楽しめますので、是非、頼んで欲しいです。

ご軽食

チェックアウト手続きをしながら頂く、ご軽食です。

朝食から軽食までの時間があまりないので

毎回のことなのですが、この程度の量しか食べられません…(笑)

こちらも、ご軽食と言いつつ

お肉料理、お魚料理、ご飯ものとしっかり準備がありますので

ほぼランチです。

クラブレベルに宿泊する場合はホテルステイを中心に!

1日5回のフードプレゼンテーションを見て頂けたらわかると思いますが
リッツカールトン大阪に滞在中は

  • 2時間おきに提供
  • 常にお腹がいっぱい

といった状況になります。

アフタヌーンティーは翌日楽しむことが出来ません

必然的に15時付近でホテルのチェックインを済ませる必要があります。

そうなると、昼食をいっぱい食べることは避けた方がいいですし

アフタヌーンティー後は、すぐに、「ご夕食前の前菜」の時間に入ることになります。

前菜を早めにすませ、ナイトキャップを遅い時間に行けば

3時間ぐらいは大阪の街を散策することが出来るかもしれませんが…

既にお腹がいっぱいなので、大阪グルメを食べる余裕もないと思います。

そのため、クラブレベルに宿泊を考えている場合は

リッツカールトン大阪を楽しむ日程として
大阪観光を組み込むのは避けた方がいいでしょう。

例えば2泊3日の宿泊

1日目:大阪で他のホテルに泊まり大阪観光
2日目:リッツカールトン大阪に泊まりホテルステイ

ぶっちゃけ、クラブレベルについては

飲食がメインとなるので、フードプレゼンテーションをすべて堪能できないのであれば

通常の部屋でも、良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

クラブレベルの最大のポイントは、フードプレゼンテーションです。

ビュッフェ形式でも、食事のクオリティは非常に高く、特に中華が美味しいので非常にお勧めです。

クラブレベルの専属コンシェルジュがいることで、全体的なサービス提供も迅速に行っていただけるので、充実したホテルステイが楽しめます。

是非、記念日や自分へのご褒美として利用してみてはいかがでしょうか。

ではでは~。