おでかけ

海外に個人旅行する場合に必要なことは?自由度が高い自分の好きな旅行プランが組める!でも、大変なことも多いです。

こんにちは、ぱってです!

初めて海外旅行を個人手配しようと思うけど、どんなことが必要だろう?

大手旅行代理店で取り扱っているツアーでは、日程や希望を設定して申し込めば、大体の手続きを終わらせてくれますがね。

個人手配での海外旅行では、航空券の手配やホテルなどの予約から手続きを自分でしないといけません。

筆者自身、過去に何度か個人手配での旅行を経験しており、来年(2023年)のフランス旅行も現在、個人手配で計画中です。

今回は、個人手配での次のポイントについて、紹介します。

  • 個人手配で行くメリット・デメリット
  • 個人手配で必要な手続き
  • 英語力の必要性

個人手配で行く海外旅行のメリット・デメリット

メリット・デメリットをお伝えしておきます。

メリット

海外旅行のプランをすべて自分の好きに組めることでしょう。

  • 好きなホテルに泊まれる
  • 行ってみたい場所だけに行く
  • 団体行動の時間には縛られない

また、普段の生活で貯めたマイルを航空券特典で手配することで、旅行費用を浮かせることが出来ます。

その分を旅行中の費用に充てたり、ワンランク上のホテルに宿泊するなど、旅行全体の質を上げることも出来ますね!

デメリット

最大のデメリットは、すべてを自分達で対応することです。

  • すべての手配を自分でする必要がある
  • 現地の手続きをすべて自分でする必要がある
  • 予期せぬトラブルも自分で解決する必要がある
  • 旅行中は想像以上に疲れる

添乗員さんがいるツアーであれば、現地のチェックイン手続きや観光地への入場手続きは、基本的にすべて対応してくれます。

トラブルや困ったことが起きても、同様に添乗員さんが居れば聞くことが出来ますね。

添乗員がいない海外ツアーでも、海外旅行サポートデスクがあるので、何かあればサポートを受けることが出来ますが

そういった手続きや現地対応をすべて自分でやる必要があります。

また、不慣れな現地、わからない言語の中で行動することになるので

思った以上に疲労が貯まります!

個人旅行で必要な手配は何か?

旅行予定日までに必要な手配です。

Man with tablet computer booking room in hotel online at home

  • 航空券
  • 宿泊先
  • 現地ツアー ※必要に応じて
  • レストラン ※必要に応じて

航空券の手配

ホテルや現地ツアーが希望日で予約できても、行き帰りの航空券が手に入らなければ旅行に行けないので、真っ先に確保する必要があります!

航空会社は、マイル特典などを考えて航空会社を選んでみるのが良いでしょう!行先によっては、国内旅行にもう1回行けるぐらいの取得マイルが発生する場所もあります。

また、残念ながら日系の航空会社(JAL/ANAなど)でも、帰国時の空港手続きは英語もしくは現地語なので、帰国時の空港手続きも日本語でできるとは、限りませんでした。

また、乗り継ぎが一番トラブルに見舞われる可能性が高くなるので、現地に直通の飛行機を手配するのをオススメします。
※飛行機の遅延による乗り継ぎ失敗や、ロストバゲージなど

航空券を個別手配するメリットは、多くの場合、自分で座席指定ができるので、エコノミークラスでも快適な席を確保しやすくなります!

マイル特典は安くなるとは限らない

普段から貯めていたマイルが貯まったから、特典航空券で旅行を計画する方も多いでしょう。

筆者もその1人です。

ツアーでは航空券マイルだけを特典航空券にすることが出来ないので、個人手配での旅行計画を考えると思います。

  • 特典航空券に引き換えて航空券代を浮かせたい!
  • ビジネスクラスやファーストクラスを利用したい!

ここで、注意したいのは、マイル交換の場合、航空券代は無料になりますが、燃料チャージ代は別で発生します。

燃料チャージ代は以外と料金がかかるので、エコノミークラスだと、そこまで安くならないケースもあります。

JALならeJALポイントのボーナス(10,000マイルは15,000eJAL)を利用したケースの方が安くなる場合もあるので、そちらとも比較検討をした方がいいでしょう。

実際に香港旅行はマイルよりeJALのボーナスを利用した方がトータル安くなりました。

宿泊先(ホテル)の予約

海外には素敵なホテルが沢山あります!

個人手配は利便性の高い位置にあるホテルや、泊まってみたい憧れのホテルを自由に選べるのは大きなメリットです!

筆者が次に行くフランス旅行は、泊まってみたいリッツパリが目当てなので、個人旅行で企画しています。

予約サイトは、自分が宿泊したいホテルがあるサイトを利用するのがいいでしょう。

主な海外ホテルの予約サイトは次の場所です!

予約サイト掲載施設キャンセル
無料有無
Booking.com多いキャンセル可能プラン有
エクスペディア多い有(ただし先払い)
HIS(海外予約)多い有(ただし先払い)
JTB(海外予約)多い有(ただし先払い)
一休.com海外予約少ない

宿泊したいホテルが決まっていない場合は

  • 地図上からホテルを探して、観光の利便性が良いところを探す
  • ホテルランクは予算内で高めの場所を選ぶ
  • GoogleMapのストリートビューで回りを確認する

当たり前ですが、中心地から離れるほど、宿泊費が安くなる傾向がありますが

代わりに移動費(タクシー・電車代)や、移動時間が思わぬ形で増えてしまうことがあります。

せっかく、好きな宿泊先を選ぶことができる個人手配です。

少し宿泊費が上がるぐらいで済むのであれば、利便性が良い立地を選択した方が良いでしょう。

目的の観光地付近や、ランドマーク付近のホテルを探す時は、以外と近い部分に穴場のホテルがあったりするので、各予約サイトにある地図上から検索がオススメです。

その際に、GoogleMapのストリートビューで周囲の状況を確認すれば、合わせて安心ですね!

また、ホテルランクは出来るだけ高い方がいいでしょう。

ホテル設備もそうですが、チェックイン手続きや、滞在中の対応も自力で行わないといけない個人旅行です、やはり、ランクが高い分、スタッフの対応も変わってきます。

筆者トラブル談

韓国旅行の際に宿泊したホテルに、公式ホームページから予約しましたが、予約が入っていないトラブルが発生しました。
既に入金済で予約票(バウチャー)も取得していたので、提出したことが証明となり、入金が確認できていたことから、ホテル側で対応して貰えましたが、予約票(バウチャー)を渡せば、なんとかなるので、予約して発券された予約票はホテルに限らず、必ず持参するようにしました。

現地ツアー

観光の目的地にマッチしている現地ツアーがあれば、積極的に申し込んでおきましょう!

宿泊拠点から離れた場所が観光地の場合

初めての土地を自力で行くのは困難を極めます。

JTBやHISから申し込む現地ツアーは、同じ目的の日本人が多く参加します。

現地のツアーガイドさんも、日本語がある程度わかる人だったりするので、安心感がありますね。

現地ツアーでも優先入場があるので

特に人気の観光地で、全然入場できない。。。といった事態も回避できます。

レストラン

大手旅行会社では、現地ツアーの1つに「ミールクーポン」という

レストランと料理を予約できるサービスがあります。

勿論、JTBやHISから申し込むミールクーポンは、日本人が来ることが想定されているためか、日本語のメニューが用意されていたり、日本語がある程度通じるスタッフがいるレストランだったりしますね。

ツアーでは叶えられない、譲れない条件があるから個人旅行の計画を考えていると思います。

航空券やホテルの確保は必要ですが、例えば、筆者のように宿泊したいホテルがあるからフランス旅行に行く!と、いった場合は、それ以外の部分は現地ツアーや、ミールクーポンなどを使って旅行中の不安や負担を軽くする方法がオススメですね。

なんでもかんでも個人行動に拘る必要性は無いですから。

ただし、予約時に発券される予約票(バウチャー)は必ず印刷して持参してくださいね!

最悪、宿泊やツアーを拒否される場合があります。

海外旅行は英語が出来ないとダメか?

海外旅行に行く場合の、最大の障壁が言葉の壁となるのが、会話です。

筆者の英語レベルは中学生以下だと自負していますが

それでも、海外旅行を個人手配で何度も行っています。

フランス・イギリスの新婚旅行でも、自由時間はある程度やりたいことが出来ました。

何故か?

結局のところ英語が通じるのは英語圏内だけなので

旅行先の現地語(フランスならフランス語)がわからないと、英語が話せてもあまり意味がありません。

韓国旅行で韓国語で話されたら英語わかってるだけだと意味も無く終了です。

「海外=英語ができないと」は旅行先の人が全員英語を習得している前提

つまり、日本で例えると

「日本人が全員英会話できるといっている」と思っているのと同じことです。

ちなみに、高級ショップや、ホテルでも英語が通じないケースが多々あります。

  • フランスや、台湾のルイヴィトンは、英語が通じない(現地語)だった。
  • マカオの高級ホテルのチェックインでも、英語が通じなかった

では、どうするか?

1つは言葉を使わない方法で伝える

例えば、タクシーの利用は宿泊先のホテルや観光地を紙に現地語で書いておいたり、旅行のガイドブックに付箋などを張って、写真を指差しで示すことで、会話不要でタクシーの利用も出来ました。

現地語でメモを作った紙を印刷して、タクシーでは指差しするだけ!

2つめはスマホにあるGoogle翻訳などを利用する

香港ディズニーランドホテルは、フロントに翻訳機が設置されているなど、一般的に使われているような感じでした。

Google翻訳も、制度がかなり高く、様々な言語に対応しているので、これ1つでショッピングも出来ました!

ただ、癖があるので、旅行前に少し使ってみることをオススメします!

個人旅行は大変だけど、思い出に残る海外旅行になる!

個人手配での海外旅行は、航空券からホテル手配、旅行中の計画、レストランなど飲食やショッピング場所のリサーチ。

旅行中は現地での手続き対応やトラブル対応まで、すべて自分や同行者でやることになります。

正直、準備をしている時は非常に楽しいんですよね!

ただ、実際、旅行に行くと

「こんな予定では無かった!」が1つでも起こって歯車が狂い始めると、大変になってきます。

しかし、そういった苦労も併せて、海外旅行の記憶に残ることになるでしょう。

そして、1回経験すると、次回は反省を生かした行動ができるようになります!

筆者も、初めて妻と個人旅行に行った韓国は言葉も何も通じませんでしたが

やっぱり、記憶には鮮明に残る旅行になりましたし、次の個人旅行に繋げられる経験になりました。

添乗員さんがいるお任せツアーも楽といえば楽ですが

個人旅行で初めから最後までプランニングして挑む旅行も非常に楽しいものになるでしょう。

ただ、新婚旅行など大事な旅行は、ツアーで組むのを私はオススメします!