おでかけ

【JTBツアーで行く!新婚旅行イギリス・フランス6泊8日】7日目!最終日は自由行動でフランス観光!そして、トラブルへ…

2人とも長期休みが取れたことで

実現した新婚旅行先は

ヨーロッパ!イギリス・パリ6泊8日の旅

7日目は

朝から自由行動!

前回の記事(6日)はこちら

【JTBツアーで行く!新婚旅行イギリス・フランス6泊8日】6日目!エスカルゴの昼食に、ヴルサイユ宮殿とフランス最後の夕食ディナーへ! 2人とも長期休みが取れたことで 実現した新婚旅行先は ヨーロッパ!イギリス・パリ6泊8日の旅 6日目は ヴルサ...

7日目:フランス自由行動

7日目の予定

  • 出発まで自由行動
  • シャルルドゴール空港19:00発~羽田へ

待ちに待ったパリ自由行動!!!

って思ったんですが…

朝食の関係、8時頃から出発

空港には全員で向かうため、ホテルに14時再集合

つまり6時間しかない!!!!

自由行動でやりたかったこと

  • 凱旋門を見る
  • シャンゼリゼ通りでカフェする
  • ノートルダム大聖堂を見る
  • エッフェル塔を見る
  • ルイヴィトンで買い物をする
  • お土産を買う

多いように見えますが、なんとか全部こなしてます!(笑)

ホテルから出発!自由行動へ!

とはいえ、時間がないので全力で移動開始です!

宿泊先ホテルからエトワール凱旋門までは

メトロを使って約35分

我々夫婦が見舞われる

海外旅行で何故か電車の切符が買えない事件も起こらずスムーズに移動!

無事に凱旋門についたんですが…

メトロの駅を出たところで、まさかの

署名スリに遭遇しました…本当にあるんだと思ってびっくりしました。

幸い、何も取られることは無かったので良かったです。

9:15~ エトワール凱旋門到着

バスの車窓で見たからいいや。

で、済ませないで良かったフランスと言えば凱旋門!

ツアーで一緒だった方がいたので

交代で写真を撮って貰いました!

現地の人に撮ってもらうのはリスクがあるので

ツアーで見知った人ならこういったことが出来て良いですね!

ルイヴィトンの本店を横目に、シャンゼリゼ通りを進みます!

シャンゼリゼ通りでカフェを頂きました

10:10~ ノートルダム大聖堂

ここからは、地下鉄で移動していたら間に合わないと判断して

タクシー移動!

15分で着くならお金は惜しまない感じです!

タクシーの場合、行先を伝えないといけないので

躊躇してしまうかもしれませんが

有名観光地なら、ガイドブックやスマホで写真を見せれば

間違いなく目的地まで運んでくれるので

会話もいらないですね!

11:00~ エッフェル塔

ノートルダム大聖堂からエッフェル塔までは

同じくタクシーで移動!

前日から天気が良くなかったので

頂上付近は見えなかったですね💦

とはいえ、やっぱり車窓からだと遠くに見えただけだったので

近くで見ると迫力があります!

エッフェル塔からタクシー乗り場まで

お散歩しましたが、パリの街並みも良いですね!

11:45~ ルイヴィトン本店と、Galerie Lafayetteでお土産購入

再びタクシーでシャンゼリゼ通りまで戻って

ルイヴィトン本店でお買い物です!

当時はそこまでルイヴィトンにハマっていなかったんですが

アルマを記念に購入して帰りました。

その後「Galerie Lafayette」でお土産を購入したところで

時刻は13時…あっという間でしたね。

このまま、シャンゼリゼ通りからタクシーを拾って帰路に立ちます。

無事帰路へ

最後に空港で買うことが出来た

LADUREEを飛行機の中で楽しんで

帰路に就くのでした。

JTBツアーで行く!新婚旅行イギリス・フランス6泊8日まとめ

2018年12月の旅行記でしたので

当時を思い出しつつ、執筆した部分がありますが

最後まで見て頂いてありがとうございます。

筆者が感じたJTBツアーの「良いところ」と良くないところではなく

「注意点」としてまとめさせて貰います!

ツアーで良かったところ!

  • 入国審査からホテルのチェックイン、現地レストランでの注文など、現地の言葉や英語がわからないでもどうにでもなる
  • 観光地も詳しく教えてくれるので、見逃しが少ない
  • トラブルがあったときの対応も自分でやる必要が無い
  • 観光地での写真は、ツアーメンバーや添乗員さんに撮って貰える

ツアーで行く場合の注意点

  • 良くも悪くも団体行動!時間を合わせて行動なので疲れる
  • 食事もツアーメンバーと相席が多いので気を使う
  • 自由行動が少ないので限られた時間で行く場所を決める必要がある
  • バスからの車窓は、正直、微妙
  • ホテルの選択が出来ないので憧れホテルなどに宿泊は出来ない

結果的に私が言えるのは

特にハネムーンだと現地の観光スポットを背景に

2人での写真を残したいと思います。

見知らぬ人にカメラやスマホを預けて写真を撮ってもらうのは

日本国内に比べて格段にリスクが高いので…

ツアーメンバーや添乗員さんに撮って貰えるのはかなり有難いですね!

写真や、手続き・トラブル対応を一手に引き受けてくれる

特に6泊8日ともなると、少なくともどこかでトラブルに見舞われます。

失敗したくない新婚旅行で、初めてのヨーロッパなら

添乗員ツアー一択ですね!

この工程を、個人旅行でやれるとは流石に難しいのと

フランスは英語が通じないので、英語だけだと厳しいです…!
※私は英語すら厳しいですが…

とゆうことで、最後までお付き合いいただきありがとうございました!