おでかけ

【JTBツアーで行く!新婚旅行イギリス・フランス6泊8日】1~2日目!超有名デパート”ハロッズ”散策と、大自然の湖水地方観光!

2人とも長期休みが取れたことで

実現した新婚旅行先は

ヨーロッパ!イギリス・パリ6泊8日の旅

今回はその前半である

羽田出発~イギリス到着、湖水地方までの様子を紹介します!

この新婚旅行は2018年12月に行ったものです。
コロナ過で海外旅行が出来ない中
思い出の整理を含め
コロナ過後に行かれる新婚旅行の参考になればと紹介します。

費用などの準備編はこちら

【JTBツアーで行く!新婚旅行】イギリス・フランス6泊8日の旅!イギリスの湖水地方や、憧れのモンサンミッシェルを行く!【費用や準備編】 長期休暇も取りやすいから せっかくなら、新婚旅行は海外に行ってみたい! 行ってみたかった!一生の思い出に残したい場所! ...

1日目:羽田からロンドンへ!

日付変更の関係で非常に長い1日目が始まります!

羽田空港発~ロンドン・ヒースロー空港行き

11:30発~15:10着 

約13時間の空の旅から始まります!

席は、アップグレードしたので

JALのプレミアムエコノミー!!!

一昔前のビジネスクラスと言われているだけあって
足が延ばせる!リクライニングする!

非常に快適でした。

機内食は昼食と夕食(朝食)の2回

プレエコは座席がエコノミーよりグレードアップしますが

食事はエコノミークラスと一緒です。

機内食は、飛行機の醍醐味ですね~。

基本的に機内は

寝ているか、スマフォ(機内Wi-Fi別契約)で暇潰しをしていますが

ガイドブックが1冊あると、機内で旅行先の情報を再確認できるので

オススメです!

機内Wi-Fiで、携帯でも確認できますが

  • 有料
  • 回線速度が遅いので表示に時間がかかる

ガイドブックは細かく掲載されていますし

ミニサイズでも良いので1冊持っておくと便利です。

ロンドン・ヒースロー空港に到着!

入国審査で英語がちゃんと話せるかドキドキしたんですが

日本人でツアー旅行は、信頼性が高いらしく

団体客用のレーンから

出入国カードの記入誤りが無ければ、

ほぼ、パスポートチェックのみでスルーでした!(笑)

審査官

ナニシニキタノー?

ぱって

ハネムーン!!!

ぐらいは会話したと思います。

イギリス滞在中に宿泊するホテルに移動

空港に到着後は

すぐにバスに乗り込んでイギリスのホテルに移動です。

イギリスでは

コプソーン タラ ホテル ロンドン ケンジントン

に3泊でした。

スタンダードルームですね。

ホテルのお部屋に到着したのが18時頃だったので

辺りは真っ暗でした。

観光と夕食で夜のハロッズへ!

ここから、先は自由行動時間になります。

とはいえ、時間もあまり無いので

目的を2つに絞って行動!

  1. ハロッズに行く
  2. 夕食を探す

時短のため、ホテルからタクシーでハロッズに向かいます!
※タクシー料金は1,580円(カード明細より)

少し手前でおろして貰いました。

遠くからでも、めっちゃキラキラして目立ちますね・・・!

クリスマスシーズンで

街全体のイルミネーションも凄かったですが…

ハロッズの建物は別格でした!

混んでいたのと

当時は写真を撮って良いのかわからなかったので

内装は1枚も撮っていませんでした💦

今回ハロッズは、最終日のお土産を買う

下見だけで、夕食を探します。

ふらふら歩き回って

ハロッズの向かいにあったRichonaというカフェで夕食にしました。
※2022年02月時点、既に閉店しておりました。

カレー(恐らく)と、バーガーセットを注文。

ここで、イギリスの食文化的なものを知りました。

食べた瞬間

「あれ・・・味がない(ノД`)・゜・。」

ホテルに戻ってから気が付いたのですが

イギリスは、自分で味付けするのが基本らしく

テーブルには塩・コリョウが完備されています!

とゆうことで、1日目は、夕食を食べて

そのまま、タクシーを拾ってホテルに戻っておやすみなさいでした。

2日目:コッツウォルズ地方の村めぐりへ!

朝食はホテルのビュッフェになります。

焼きそばのようなものがありましたが

全体的にやっぱり薄味!

テーブルにある調味料で味付けがデフォなのか!

3日目はバスツーの日程で

予定はこんな感じ!

  1. コッツウォルズ地方巡り
  2. 昼食
  3. スラットフォード・アポン・エイボン観光
  4. ホテルで夕食

まずは、コッツウォルズ地方のバイベリーにバスで向かいます。

SAで休憩を挟んで約2時間の旅です。

日本でもお馴染みのバーガーキングや、ケンタッキー

サブウェイが並ぶ中

旅行中1回は絶対に買うと決めていた

スターバックスがありました!!!

メニューがわからなかったので

ぱって

トールラテ!!!

無事、買えました(笑)

バイブリー(バイベリー)

まず初めに訪れたのは

イングランドで最も美しい村とも言われている

バイブリー(バイベリー)

17世紀の石造りのコテージが並ぶ、小さな村ですが…

めちゃくちゃ喉かです。

映画の世界に来たようなそんな印象を受ける村

添乗員さんに記念撮影を撮って貰いました!

個人で行く海外旅行だと

全く知らない人にスマフォやカメラを

一時的に預けることになるので

こういった、観光地で2人で記念撮影を安心して撮って貰えるのは

ツアーの強みを感じます。

バートン・オン・ザ・ウォーター

続いて訪れたのは

川辺の景色が美しい人気の村

バートン・オン・ザ・ウォーター!

本当に川が綺麗です。

なんか、カモがいっぱいいました!

ここでも記念撮影を!

昼食へ

昼食場所にまたバスで移動です!

さて、このお肉を見て

どう思うでしょうか?

濃そうな見た目をしていますが

ぱって

やっぱり、味が薄い!!!

ただし、安心してください

デザートは普通に美味しいです!

ホーリー・トリニティ教会

昼食後は

シェイクスピアが眠る教会として有名な

ホーリー・トリニティ教会

素敵なステンドグラスが印象的な教会内

ストラトフォード・アボン・エイボン

シェイクスピアの生家がある街であることから

屈指の観光名所になっているようで

メインストリートのヘンリー通りは、今までの雰囲気とはちょっと違い

お店などが並ぶ商業エリアになっていました!

観光の目的はシェイクスピアが過ごした家の見学です!

内部では、博物館のような感じとなっていますが

一軒家ですので

中は広くないですが

当時のままの部分が多いらしく、生活の一部が垣間見れます!

ベッドがオシャレ!

ここも撮影スポットになっているので

写真をパシャリ

見学後は街ブラです!

湖水地方といえば、ピーターラビットのふるさと

シェイクスピアと並んで、やっぱり多くのお店がありました!

ウィンドウショッピングだけでも楽しい街です!

観光終了!夕食はホテルで

夕食は宿泊ホテル内のレストランです。

イギリスといえば…

フィッシュアンドチップス!!

白身魚のフライですね!

そのまま食べると、やっぱり薄味なんですが

タルタルやレモン・テーブルにある塩コショウで味付けして

食べると美味しいですね!

相変わらず、デザートは美味しいです(‘ω’)

イギリス湖水地方のツアーをお送りしました!

旅の行程のうち

ロンドン到着~イギリス2日までの様子をお伝えしました!

筆者はうさぎを飼っているので

湖水地方=ピーターラビット

みたいな認識だったのですが

今回のツアーでは湖水地方の入口の街までなので

ピーターラビットのふるさとである

ヒル・トップまでは行きませんでした。

ツアーに参加する場合は、行先を確認した方が良いですね!

【JTBツアーで行く!新婚旅行イギリス・フランス6泊8日】3日目は"イギリスバス観光"と"大英博物館"お昼は"本場アフタヌーンティー"と、イギリスを堪能する1日になります! この新婚旅行は2018年12月に行ったものです。コロナ過で海外旅行が出来ない中思い出の整理を含めコロナ過後に行かれる新婚旅行の参考に...