旅行記・おでかけ
PR

【宿泊記】名古屋プリンスホテル スカイタワーは名古屋を望む絶景と高級感がある素敵なホテル

Patte
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

名古屋の宿泊先として今回選んだのは

名古屋駅から少しだけ離れたところにある

「名古屋プリンスホテル スカイタワー」に宿泊してきました!

個人的、名古屋3大高層ホテルの1つだと思っているこちらのホテルは

ホテルの設備、夜景ともに宿泊費がリーズナブルな設定だったので非常に良かったので紹介していきます!

スポンサーリンク

名古屋プリンスホテル スカイタワーの情報

ホテル名名古屋プリンスホテル スカイタワー
料金(大人2名)税込20,680円~(素泊)
住所〒453-6131
愛知県名古屋市中村区平池町グローバルゲート31階
アクセス名古屋駅からあおなみ線にて1駅3分
「ささしまライブ」駅直結
施設Sky Dining 天空
天空のモーニングブッフェ
フィットネスルーム
クラブラウンジあり(31階)
ルームサービスあり
駐車場宿泊者一泊あたり 2,500円
2024/01/20時点の情報です

名古屋駅から1駅だけ離れているためか、名古屋駅周辺の高層ホテルより、リーズナブルに泊まれた印象ですね。

また、こちらのホテルからも徒歩で名古屋駅には15-20分程度で行けるので、お散歩ついでに行くのもありですね!

料金順ルームランク

  • スカイキングルーム(32.3㎡)←今回のお部屋!!!
  • スカイキングルーム 名古屋ステーションビュー(32.8㎡)
  • スカイツインルーム(32.8㎡)
  • スカイツインルーム(トリプルユース可)(32.8㎡)
  • スカイツイン(コネクトユース可)(32.8㎡)
  • デラックスコーナーキングルーム(59.5㎡)
  • デラックスコーナーツインルーム(59.5㎡)
  • デラックスコーナーツインルーム
  • 名古屋ステーションビュー(59.5㎡)
  • プレミアムコーナーキングルーム(79.4㎡)
  • プレミアムコーナーツインルーム(79.4㎡)
  • プレミアムコーナーツインルーム 名古屋ステーションビュー(79.4㎡)
  • ユニバーサルコーナーツインルーム(78.0㎡)

今回は宿泊だけの予定だったので一番リーズナブルなお部屋に!

名古屋プリンスホテル スカイタワー宿泊記

いつも通り、駐車場からのスタートです。

駐車場から上がると1階のロビーに到着します。

レセプションは31階になるので、ここからエルベーターで更に上に!

素敵な開けたロビーラウンジ!高級感が漂いますね!

ささっと、チェックイン手続きを済ませて、お部屋に向かいます。

クリスマスシーズンだったので、クリスマスディナー系のイベントが開催されていました。

私たちは今夜は”ひつまぶし”と決めていたので、ここでのディナーは無し!

エルベーターで客室に向かいます。

気持ち、海外の方が多かった印象ですね、リーズナブルかつ高級感あるので人気そう

白い通路を抜けてお部屋に~

スカイキングルーム

キングベッド1つと椅子、ソファー付きのお部屋です。

窓からは流石、高層階(32階)からの景色!

ソファータイプと椅子が1つずつ

テレビは壁掛けです、お部屋の広さ的に丁度良いサイズですね!

コーヒーは我が家でも使っているネスプレッソのピクシーツー!

高級ホテルでなくても、最近の新しめのホテルはコーヒーマシンは通常設備になってきていますね。

冷蔵庫は結構広めです、特になにも入っていないので、途中で購入した飲み物をとりあえず冷やします(笑)

入口も結構広めですね、56Lサイズのスーツケースが小さく見えます。

クローゼットの中には金庫やスリッパ、アイロンなどなどが収納されています。

2人なら十分な広さでしたが、ハンガーが壁掛けだったので、そこだけ使いにくかった。

洗面

洗面はシンクボウルです。

やや狭いので、女性の場合、お化粧道具を広げるとテーブルいっぱいになります。

アメニティは標準的なものが一通りです。

ボディタオルがあったのが嬉しいですね!

ドライヤーはPanasonic製 EH-NE48 風量ともに申し分なし

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥11,800 (2024/02/22 12:11:40時点 Amazon調べ-詳細)

洗面の向かいにお手洗いがあります。

バスルーム

バスルームは洗い場付きです。

レインシャワーも完備!

パジャマはワッフル生地で肌触りがよかったです。

上下セパレートタイプなので使いやすい!

クラブラウンジ

今回はクラブラウンジ付きプランではなかったんですが、西武プリンスクラブの会員登録をすると1時間分の体験チケットが頂けたので、利用しました。

チェックアウトしたあとに利用したので、時間帯的に我々以外は誰もいないラウンジ(笑)

ノンアルコールスパークリングワインがあります!

あとは軽めのお菓子などが少々あるぐらいだったので1時間ぐらいの滞在で十分でしたね~。

朝食

朝食会場はロビー階と同じ31階です。

名古屋を一望できる朝食会場はかなり気持ちよかったですね!

詳細は別記事にしたいと思います。

あわせて読みたい
【宿泊記】名古屋プリンスホテル スカイタワーの朝食バイキングが名古屋飯が勢ぞろいで豪華すぎる!
【宿泊記】名古屋プリンスホテル スカイタワーの朝食バイキングが名古屋飯が勢ぞろいで豪華すぎる!

名古屋プリンスホテル スカイタワー周囲観光情報

ホテルがある「ささしまライブ」駅は、名前の通りライブ会場などが見受けられました。

小さい商業施設などがありますが、お買い物は名古屋駅周辺まで行った方が良さそうです。

名古屋駅までは徒歩で15分程度です。

名古屋駅にはランドマークになる高い建物が多いので

目指して歩けば大体着きます(笑)

夕食はせっかくなので名古屋飯である「ひつまぶし」です。

やっぱりこれを食べると名古屋に来た!感がでます(笑)

名古屋主要観光スポットのアクセス

観光地移動時間(※)
名古屋城30分程
名古屋港水族館45分程
熱田神社40分程
レゴランド40分程
※ホテルから観光地まで公共交通機関を利用したルート検索

基本的にターミナル駅である名古屋駅が徒歩または電車で1駅なので

名古屋駅を起点に各観光地に行くことができますが、個人的には車移動またはタクシーがオススメですね。(移動費がかかりますが…)

筆者は早朝に御朱印を頂くために、熱田神社参拝に行きましたが

ホテルから車で大体15分程度でした。

名古屋プリンスホテル スカイタワーの口コミ

引用元:一休.com

評価は「良い」になっています。

朝食付きプランでした。名古屋メシ堪能です。 お部屋も心地よく、空気清浄機もありました。
駅にも近いですが、名古屋駅に歩いていけます。
お値段もリーズナブルですし、お勧めです。

引用元:一休.com

ラウンジを色々なホテルで利用していますが、ロケーション、雰囲気、重厚感と最高でした。 アフタヌーンティー時からアルコールもあり、チェックアウト後も利用させて頂き、ありがとうございました。
1つだけお部屋なのですが、脱衣所がないため、洗面台を1人が利用していると、浴室トイレと入る事が出来ず、皆さん浴室には、裸で移動されるのでしょうか?
せめて、ロールスクリーンかなにかあると、と思いました。
それ以外は素晴らしかったですが、かなり大切な部分と思い、書かせていただきました。
コスパもよく、接客も全ての方からおもてなしの心、感じました。 ありがとうございました。

引用元:一休.com

ネットで表示される写真を全く裏切らない部屋、部屋からの眺望、満足度はそれだけで十分です
フロント、ラウンジ、レストラン、どのスタッフも必要最低限の対応でホテル滞在中の特別感を演出しているようです
駅から少し遠くて分かりにくいけれど、それがまた良さに感じました

引用元:一休.com

すべての客室が32階以上なので、夜景が綺麗な評価が多かったですね!

同じように、ホテルのレベルに比べて価格がお手頃だったのでリーズナブルに感じた意見が多かった印象でした!

今回のプランと宿泊費

引用元:一休.com

元々所有していたPayPay残高を利用していますが

2人で17,370円(1人8,685円)で朝食付きはなかなか破格だと思います。

立地が悪いと言っても名古屋駅まで徒歩15分、荷物が多いなら電車で1本で駅直結なので、そこまで悪くはないでしょう。

高層階×夜景×豪華朝食でこの価格なら個人的には満足ですね!

名古屋プリンスホテル スカイタワーまとめ

名古屋駅のホテルは「名古屋マリオットアソシアホテル」「名古屋JRゲートタワーホテル」があります。

  • マリオットアソシアは価格が高い(同じ平米の部屋にすると倍ぐらい)
  • ゲートタワーホテルは価格は近いが狭い(20平米)

と、やはりターミナル駅に近い分、設備に対する価格が高くなります。

その点「名古屋プリンスホテル スカイタワー」は1駅離れてしまう分

お部屋の広さや、価格、設備を含めて比較的リーズナブルに感じました。

名古屋旅行の時の宿泊先の選択肢としてはオススメできますね!

スポンサーリンク
ABOUT ME
Patte
Patte
出会いは人生を変える
パッテログは凡人が少し背伸びをして趣味の旅行を楽しみながら旅行記や宿泊記や購入(ハイブランド・化粧品)などの購入レビューなど、総合雑記情報ブログです。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました