レビュー

【一生モノのハンドバック】ルイヴィトン”Capucines(カプシーヌ)”を購入!使用感やサイズ感、オススメは!?【レビュー】

「いつかルイヴィトンのカプシーヌが欲しい」

と、言われたので

長く使える、一生モノのバックになるのであれば

早いうちから使った方が良いと思って購入!

  • ルイヴィトンのバックラインで最高峰
  • シンプルなフォルム、さり気ないLVネグスチャー
  • 豊富なサイズ展開、収納力
  • 丈夫で長持ち
  • アフターケアも充実

それでは、紹介していきたいます。

カプシーヌの製品情報

カブシーヌBBを基準に説明していきますね。

製品名カプシーヌ(BB)
価格687,500円
サイズ27 x 20 x 11 cm
素材牛革(トリヨンレザー)
金具ピンクゴールド
【その他の製品仕様】
フラップ開閉式
大きなコンパートメント 
内フラットポケット

バンドーは別売りです

外装

表と背面です。

シンプルな感じで、一見、ルイヴィトンとはわからないかもしれませんね。

ただ、さりげなく使えるのが良いと思います。

フラップ開閉式

フタを中に収納する場合は、収納ポケットに差し込むことになります。

外側でフタを閉めると、モノグラム・フラワーのフェイスになります!

底ビス

ルイヴィトンの刻印がされた底ビスが4か所に打ち込まれています。

これにより、置いた際に、レザーがぶつかる事がなく

バックを保護してくれます。

内装

大きなコンパートメント

内容にもレザー(牛革)が使われています。

女性に必要な化粧品ポーチやスマホなどは、十分収納出来ます。

コンパクトな財布は問題無いですが、ロングウォレットは

横幅が足りず、入らない可能性があります。

内フラットポケット

内側にはフラットなポケットがあります。

あまり大きく広がらないので

薄いもの(カードなど)しか収納は出来ないかなと思います。

内フック

表と裏の生地を固定するためのフックがあります。

防犯の面で中身を取られにくいように使用する

フォルム(型崩れ)維持するようにするため

この2つの用途があると思います。

付属のストラップ

カプシーヌには肩掛け用のストラップが付属しています。

ストラップはモデルによって
ストラップの太さ/長さ調整の可否/ストラップの装着位置
などで、製品により違いがあります。

このモデルは内側にストラップを装着できます。

ストラップを付けて肩掛けにできますね!

長すぎる場合は、長さの調整が可能です。

モデル違いのストラップ

構造や素材(ラムレザーやMini)によっては

内部にストラップを付けることができず

外側に装着部分があります。

サイドにあるモデルのストラップは

基本的に横幅が太く、長さが調整できません。

カプシーヌを使ってみて感じたところ

いろいろあって、4つも購入したので

デメリット面を紹介していきます。

チャーム(アクセサリー)はつけられない

一部のモデルを除き

チャームを付ける個所が、カプシーヌにはありません。

ハンドル部分に装着しても

サイドにズレてしまうので

着ける意味があまりないですね・・・。

手持ちのお財布に注意!

ルイヴィトンのロングウォレット

ジッピー・ウォレットは、BBサイズには入りません。
※MMサイズでもギリギリ入る感じです。

お財布はコンパクトウォレットを使う必要が出てきちゃいますね。

基本的にストラップはつかわない?

ハンドバックとして使うことが多いので

ストラップを付けることは殆ど無い感じですね。

ただ、お子様がいる方は肩掛けが出来るのは便利だと思います。

オススメのカプシーヌは?

妻の感じと意見を聞いた感じや

ルイヴィトンの店員さんのアドバイスをまとめた感じで

私なりのオススメです。

サイズ

現在、カプシーヌは3つのサイズが展開されています。

写真はBBとMMです。

サイズ幅×高さ×マチ
Mini21×14×8 cm
BB 27×18×9 cm
MM31.5x20x11 cm

通常のハンドバックとして使う場合

選択肢としては「BB」「MM」になります。

小柄な女性の場合「MM」だと、少し大きく感じると思うので

普段使いしやすいのは「BB」でしょう。

Miniは、殆ど何も入らないのでポーチとして使うような感じになりそうです。

素材

メジャーな素材は大きく(限定品を除くと)4種類

素材皮の種類
トリヨンレザー牛革
ラム
オーストリッチダチョウ
クロコワニ

気軽に使いたい・初めてであれば

トリヨンレザー(牛革)がオススメです。

  • 丈夫で型崩れしにくい
  • 革自体の模様で、キズが目立ちにくい
  • 価格が一番安定

ラムレザーのカプシーヌも1つ所持していますが

柔らかい革の性質上、キズがつきやすい

ツルツルした面なので、キズがついた場合、目立ちやすいと思います。

エキゾチックレザーとなるオーストリッチと、クロコは

桁が1桁上がってしまうので、気軽に使うバックでは無くなってしまいますね。

クロコは持っていませんが

オーストリッチのシティステーマーを所持していますが

突然の前などで、水の染みが怖いので

ここぞ!という時にしか使っていない感じです。

なので

気軽に使うのであれば「トリヨンレザー」がオススメです!

カラーについて

カラーについては、ご自身の好みで・・・。

ただ、人気のカラーと金具の組み合わせは

なかなか、出会えることが出来ないので

出会ったら即購入をオススメします。

今回、製品紹介したカプシーヌは

  • トリヨンレザー
  • ピンクカラー
  • ピンクゴールド金具
  • BB

といった理想の組み合わせでしたが

日本には売っておらず、海外まで購入しに行きました…(笑)

是非、ルイヴィトン好きならカプシーヌを

カプシーヌは

ルイヴィトンがパリで初めて構えた店舗にちなんで名付けられたこと。

一見、シンプルなワンハンドルバックに見えるカプシーヌですが

メゾンの職人さんが1つ1つ、すべて手作業で、丁重に作っており

細部にも、ルイヴィトンの拘りが感じされます。

定番のモノグラムとは違い

さり気なく、ルイヴィトンというのが良いのかなと思います。

ルイヴィトンが好きであれば

オススメできる1品だと思いました。

勢いで購入した部分もありますが

年々、値上がりをしているので、早めに購入して正解だったと思います。