おでかけ

デートや記念日にオススメ!”La Maison Kioi” クラシックな館で味わう、大人のディナー!

よく、大阪や京都の旅行先では

クラシックな洋館でアフタヌーンティーやディナーを楽しんでいましたが

ふと、

東京にもそういったところは無いのか?と探してみたところ

前々から、アフタヌーンティーで行ってみたかった

La Maison Kioi

今回は、アフタヌーンティーではないんですが

ディナーとして行くことになったので、ご紹介していきます!

La Maison Kioiの行きかた

東京ガーデンテラス紀尾井町内にあるレストランです。

最寄り駅は永田町駅、9d出口の目の前に位置しています。

そして、車で行く場合に嬉しいのが…

レストランの敷地内に専用駐車場があること!

もし、満車でも紀尾井パーキングに、駐車場出口を左折するだけで入れます。

電車・車の両方でアクセスが良い場所になっています!

赤坂プリンスクラシックハウスに入館!

La Maison Kioiがある 赤坂プリンスクラシックハウスは

昭和初期に建てられた洋館が、2016年に赤坂プリンスクラシックハウスとして

生まれ変わったそうです。

建物自体は当時のままのようなので、入口からいかにも洋館といった感じに!

ちょっと早く着いてしまったので、待合室で待つことに…
待合室も、クラシックな内装で、テンションがあがります!


洋館ならではの、この感じが良いですね。

今回は、予約していったこともありましたが

La Maison Kioiの席としては、一番いい窓際ソファー席に通して頂けました!

窓から見える高層ビルが、建物とのギャップがあって、またいい感じです!

今回のコースは、季節を感じられるフルコース

  • 2021/09/11時点のコース内容です
  • お店が全体的にムーディーなので、写真が暗めなのはご了承下さい!

今回のコースは全7品のフルコースです。

  • AMUSE
    24ヶ月熟成生ハムと賀茂茄子のベニエ
  • COLD APPETIZER
    牡丹海老と本マグロのタルタル オリーブとハーブのソース
  • HOT APPETIZER
    長谷川ジャンボマッシュルームのオーブン焼き 焦がしバターソース
  • COLD APPETIZER
    カラスミとシブレットの冷製カッペリーニ
  • FISH
    ブイヤベース・ア・ラ・メゾン
  • MEAT
    美明豚のロティ 野辺地小蕪とジュドポー
  • DESSERT
    山梨県産巨峰のコンポートとフロマージュブランのソルベ

コーヒー または 紅茶

お魚とお肉のWメインですが
1品の量がそこまで多くないので、小食の方でも最後まで食べれると思います!

また、ソフトドリンクについては、飲み放題メニューがあります。
3杯以上飲む場合は、飲み放題の方がお得!

いつも1~2杯しか飲まないので、飲み放題はつけませんでした。
“高知県産生姜 × ジンジャエール × ライム”を注文!

久しぶりに美味しいシンジャエールを飲みました…
生姜が底に沈殿しているので、しっかりかきまぜた方がいいですね。

しばらくすると、フランス料理のフルコースの定番
“パン”がサーブされます!

La Maison Kioi は、フォッカチオ!

もっちりとした生地で、ソースにもよく絡んで美味しかったです!
パン自体も美味しくて夫婦で10個ぐらい食べてしまいました…(笑)

AMUSE 24ヶ月熟成生ハムと賀茂茄子のベニエ

揚げ茄子に、ハムを添えた1品!

そのまま、ハムと一緒に頂いても美味しい”茄子”ですが

添えてある、茄子ペーストを絡めると、より茄子の風味が増します!

COLD APPETIZER
牡丹海老と本マグロのタルタル オリーブとハーブのソース

芸術かな?

お皿の真ん中ではなく
あえて、お皿の淵で彩るスタイル!

新鮮なボタン海老に本マグロが添えられています。

最近、よく見るムース状のソースは見た目以上に

味がしっかりしているので、少しつけるぐらいで良い感じでした。

HOT APPETIZER
長谷川ジャンボマッシュルームのオーブン焼き 焦がしバターソース

今回、一番びっくりした料理!

マッシュの分厚い肉に、しっかりとバターソースがしみ込んでいて
お肉料理・・・は言い過ぎですが

それぐらいのボリュームを感じさせてくれる1品でした。

COLD APPETIZER
カラスミとシブレットの冷製カッペリーニ

続いてはクリームソースのパスタ!

カッペリーニ(細麺)を使用しているので
一見少なく見えるかもしれません…

濃厚なクリームソースがパスタに良く絡んでいるので
少量でも、満足できる量になっています。

カラスミをしっかり混ぜて頂きましょう!

FISH
ブイヤベース・ア・ラ・メゾン

ブイヤベースは、クッキングシートに包まれた状態でサーブ!
このパターンは、実は初めてだったので少し戸惑っていたんですが…

クッキングシート越しだと、全然香りが無かったのに
開けた瞬間に広がる”香り”

早く食べたい!そんな気持ちになります!

ブイヤベースはタラ・タコ・アサリの3種

どれも、香り・味が最高でした!

クッキングシートだと、スープが少し飲みにくいかな?と感じましたが

フォッカチオを浸して、スープも最後まで美味しく頂けます!

MEAT
美明豚のロティ 野辺地小蕪とジュドポー

メインディッシュは”美明豚のロティ”
ロティとは、オーブンで焼き上げる調理法なんですね。

牛肉とは違った、豚の脂の甘みが美味しく、お肉も非常に柔らかい

添えられているカブも、柔らかくて食べやすく

豚肉の脂が強めと感じたら、交互に食べると良い感じになります。

DESSERT
山梨県産巨峰のコンポートとフロマージュブランのソルベ

デザートはシャーベットに巨峰のコンポート


シャーベット状のものも、巨峰の味付けなので

ソルベや巨峰と一緒に頂きましょう!

少し金箔が乗っている!

食後のコーヒーを頂いて、フルコースは終わりです。

La Maison Kioi 利用して感じた点

今回、 La Maison Kioiを利用してみて感じた点です。

良かったポイント!

お料理が美味しかったことは勿論、良かったポイントをいくつか!

  • 落ち着いた雰囲気でゆっくり食事ができる
  • フロアスタッフがいるので、何かあればすぐ来てくれる
  • スタッフの気配りが良い

フロア(座席)に対して、スタッフが多かったので
気配りが凄く良かったです。

お手洗いから帰ってきたら、ナプキンが綺麗に折りたたまれていたので…
びっくりしました。

気になったポイント!

あまり、マイナス要素が少なかったんですが、あえてあげるとしたら
次の3点と個人的な問題点

  • テーブルは少し小さめですが2名なら十分な広さ
  • ディナー利用の場合は、アフタヌーンティーの時間と重ならない時間がオススメ
  • お手洗いがめっちゃわかり難かった!

今回、17時半入店でしたので、アフタヌーンティーの終わりの時間帯での入店でしたが

アフタヌーンティーの時間は、若い女性や、ママ友グループがいますが

ディナータイムは、落ち着いた雰囲気の客層に変わっていました。

ディナーとして利用する場合は

18時以降(アフタヌーンティー利用客が入れ替わる時間帯)から
利用するのが、なんとなく良さそう!

また、個人的にブログを書く身としては、ムーディーすぎて
写真が撮りにくかった!(笑)

まとめ

夜になると、こんなにもムーディーな雰囲気になります。

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町など、高層ビルが周りにある中で

東京ガーデンテラスの一画として、緑に囲まれた洋館として佇んでいます。

ギャップから到着したときに、不思議な感じになると思います。

“昼”と”夜”で、全然違う雰囲気になる

La Maison Kioi

フルコースの料金も、高級ホテルに比べて比較的リーズナブルな価格から楽しめます。

雰囲気も良いですし、ドライブデートでもアクセスもしやすいです。

デートプランの1つとして、検討してみてはいかがでしょうか。

今回のプランと料金

【Saison セゾン】季節を感じられるフルコース

7,480円 × 2名
合計:14,960円(税込)
※ドリンク代は別

【参考】
ソフトドリンク3杯追加を注文して
合計:18,040円(税込)