レビュー

【30代からのスキンケア】SHISEIDOメン クリアスティック UVプロテクター!直塗日焼けどめレビュー!

ぱって

紫外線はノーガード!

日焼け対策していますか?

僕はしていません(でした!)

ふと、資生堂で化粧水を購入している時に思ったんです。

ぱって

洗顔、化粧水、美容液、乳液までやってるのに紫外線対策してない…

紫外線対策なら任せろ。

ぱって

か、買います!!!

とゆうことで、買っちゃったんで、レビューします。

クリアスティック UVプロテクターの製品情報

発売日2021年03月21日
製品日焼け止め
容量20g
価格3,080円(税込)
SPF・PASPF50+・PA++++

値段はさておき、注目はSPF・PAの値ですね。

初めて日焼け止めを選ぶときに、この数値ってなんぞや?

ってなると思います。

<SPFとは>「SPF」とは、「Sun Protection Factor」の略で、短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、黒化につながりやすくなるUV-B(紫外線B波)を防ぐ効果指数のことです。1~50+までの数値は、何も塗らない場合に比べてUV-B波による炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表しており、数値が大きい方がUV-B波に対するの防御効果が高いことを表しています。 

<PAとは>「PA」とは、「Protection Grade of UV-A」の略で、一時的な黒化を引き起こし、長時間かけて肌の弾力を失わせるUV-A(紫外線A波)を防ぐ効果を表す目安です。4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が増えるにつれ、UV-Aに対する防御効果が高いことを表しています。

引用:資生堂ワタシプラスお客様サポート

簡単に言うと

この製品は、国内基準で一番日焼け止め効果の高い製品ということです。

ぱって

筆者は購入したあとに”SPF・PA“のことを知ったんだけどね!!!

資生堂メンの日焼け止め製品はもう1種類あります。

※※※画像を引用か広告を入れる※※※

1製品あたりでどれくらい利用できるのか

実際にまだ使い切れていませんので、正確なことを伝えることが出来ませんが

定員さんに確認したところ、

毎日1~2回の利用で1か月程度で無くなるそうです。

ちなみに、ステックをすべて出すと

これくらいの長さです。

長めに使いたい場合は女性用の日焼け止めをすすめられましたが。

資生堂メンシリーズで揃えたいので、やめました!(笑

実際使ってみた感想

ステックを容器から1cmほど取り出して

直接、日焼け止めをおこなうところに塗ります。

おでこや、ほっぺなの部分は直塗りでもいけますが

“目のまわり”や”鼻の周辺”は、塗りにくいです。
広い部分を塗ったあと、そこから、少し指で伸ばすなどの必要があります。

軽く手に塗ってみましたが、無色透明になっているので

色などはつかないですね。

赤丸のあたりにステックを塗り込みました。

色などは殆ど目立たないと思います。
塗った直後は多少の”べたつき”はありますが、馴染むと気にならないですね。

使って感じたメリット・デメリット

メリット

  • さっと塗れる、塗り直しが楽にできる
  • 無色透明、べたつきも少ないので気にならない
  • 高機能な日焼け止め
  • ブラックケースでカッコイイ
  • 液体に比べて手を汚さない

デメリット

  • 細かいところが少し塗りにくい
  • 塗れていない部分がわかりにくい

日焼け止めの性能が良いので、塗り漏れがあると、その部分だけ日焼けしてしまいます。

さっと塗れる日焼け止めとして

洗顔、化粧水、さらには美容液から乳液まで

“基本ケア”以上の事をやっているのに、紫外線対策は一切していませんでした。

若い事は、日焼けしても良いかなと思いました。

しかし、年齢を重ねてしまっている今では

日焼けによるダメージ(シミやシワ)が残ってしまうことが懸念されます。

40代で、既に老け顔…なんて思われたくはないので。

できることろからケアを初めて行こうと思って、ついに紫外線対策を始めた感じです。

クリアスティック UVプロテクターは

  • さっと塗れ
  • 手も汚れにくく
  • 国内基準で一番日焼け止め効果が高い

です。

是非、日焼け対策初めて見てはいかがでしょうか。