レビュー

【資生堂メン】日焼け止め!SHISEIDOメン クリアスティック UVプロテクター!直接塗れるのが手軽で楽!

Patte

日焼け対策していますか?

いろいろなスキンケアをしていた筆者ですが

日焼け(紫外線)対策はなにもしていなかったんですよね・・・。

せっかく頑張ってケアしているなら、日焼け対策もしたいと思い

普段、使っている資生堂メンシリーズから出ている

スティック型の日焼け止め”クリアスティック UVプロテクター”を購入したので

レビューしていきます。

スポンサーリンク

クリアスティック UVプロテクターの製品情報

発売日2021年03月21日
製品日焼け止め
容量20g
価格3,080円(税込)
SPF・PASPF50+・PA++++

形状としてはスティック型の日焼け止めです。

日焼け止めの性能として注目する箇所はSPF・PAの値です。

<SPFとは>「SPF」とは、「Sun Protection Factor」の略で、短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、黒化につながりやすくなるUV-B(紫外線B波)を防ぐ効果指数のことです。1~50+までの数値は、何も塗らない場合に比べてUV-B波による炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表しており、数値が大きい方がUV-B波に対するの防御効果が高いことを表しています。 

<PAとは>「PA」とは、「Protection Grade of UV-A」の略で、一時的な黒化を引き起こし、長時間かけて肌の弾力を失わせるUV-A(紫外線A波)を防ぐ効果を表す目安です。4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が増えるにつれ、UV-Aに対する防御効果が高いことを表しています。

引用:資生堂ワタシプラスお客様サポート

改めてクリアスティック UVプロテクターの数値を見ると

  • SPF50+
  • PA++++

つまり、この製品は、現状の国内基準で一番日焼け止め効果の高い製品ということです。

1製品あたりでどれくらい利用できるのか

実際にまだ使い切れていませんので、正確なことを伝えることが出来ませんが

定員さんに確認したところ、

毎日1~2回の利用で1か月程度で無くなるそうです。

ちなみに、ステックをすべて出すと、これくらいの長さです。

長めに使いたい場合は女性用の日焼け止めをすすめられましたが

資生堂メンのシリーズで揃えたかったので、、、(笑)

実際使ってみた感想

ご使用方法通りに

ステックを容器から1cmほど取り出して、直接、塗りました。

ステックの形状上仕方ないとは思いますが

おでこや、ほっぺなどの広い面は直塗りしやすいですが

“目のまわり”や”鼻の周辺”など、細かい部分は少し塗りにくいです

なので、塗り漏れには注意ですね。

日焼け止め自体は、無色透明になっているので塗っても、殆ど目立たないと思います。

塗った直後は多少の”べたつき”はありますが、気になる程でもないですね。

液体系の日焼け止めに比べると”べたつき”感は少ないと思います。

使って感じたメリット・デメリット

メリット
  • さっと塗れる、塗り直しが楽にできる
  • 無色透明、べたつきも少ないので気にならない
  • 高機能な日焼け止め
  • 液体に比べて手を汚さない
デメリット
  • 細かいところが少し塗りにくい
  • 塗れていない部分がわかりにくい
  • 人に貸しにくい

メリットとして、直塗りであるため、液体と比べて手が汚れないのが非常に良いです!

デメリットとして、シェアしにくいので、友達が日焼け止めを忘れた時に貸すことができない・・・ですね!

さっと塗れる日焼け止めとして優秀!

クリアスティック UVプロテクターは

Point
  • 国内基準で一番日焼け止め効果が高い
  • 液体と違い、手が汚れることがない
  • 気軽にさっと塗れる

液体系の日焼け止めだと、塗った後に手を洗いたい人もいると思いますが

ステック形状の直塗りなので、手が汚れる心配がなく、どこでも気軽にさっと濡れます。

シェアできないデメリットはありますが

自分専用として使うのであれば、オススメですね。

ケースもブラックでカッコイイのでメンズ向きです。

スポンサーリンク
ABOUT ME
Patte
Patte
旅するスタバ好きおっさん
パッテログはおでかけ(旅行記、宿泊記)や商品レビュー、人生ノウハウを中心とした雑記帳です。体感した事、感じた事をメインに記事を書いています。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました