レビュー

【ルイヴィトン】”オンザゴーGM”を1年使って分かった使用感・サイズ感!収納力抜群でメンズバックにも良かった!

Patte

セレブの間で人気になった”オンザゴーGM”

当初は妻のマザーズバックとして使う予定で購入しましたが

結局、筆者自身が使い続けるバックとなっています。

今回は、1年近く使ってきた”オンザゴーGM”をレビューしてきたいと思います!!

スポンサーリンク

オンザゴーGMの製品情報

素材モノグラム・キャンバス
モノグラム・リバース キャンバス
トリミングモノグラム・キャンバス
モノグラム・リバース キャンバス
金具ゴールド
サイズ41 x 34 x 19 cm
(幅 x 高さ x マチ)
重さ900gほど
オンザゴーGM製品情報
出典:ルイ・ヴィトンサマーコレクション2019

モノグラム・キャンバスは”2019サマー・カプセル・コレクション”で発売されたオンザゴーが最初の製品だったようです。

コレクションで人気があったことで

2019年12月に”モノグラム・キャンバス”と”モノグラム・リバース”のバイカラー

が発売されることになったようですね!

豊富なサイズ展開

今回紹介するのは”モノグラム・キャンバスGM”ですが

アンプラントなどの素材違いや、サイズも3展開(GM、MM、PM)発売されています。

“MM”サイズは、丁度良いサイズ感

“PM”サイズは、ミニバックのカテゴリに入るレベルのサイズ感です。

“PM”サイズをスターバックスの一番小さい紙袋と比べると

同じぐらいの縦幅…で、長財布は残念ながら入りません…(笑)

“オンザゴー・モノグラム・キャンバスGM”の特徴

印象的なジャイアント・モノグラムが象徴となっている

スクエア型のバックです。

GMサイズの場合

両サイドとハンドルにモノグラム・リバースがあしらわれているので

2種類のフェイスパターンで楽しむことができます!

大きさは、人気の”ネヴァーフルGM”より幅が2cmほど大きくなっており

トートバックの中では、かなりの大きさにはいる部類です。

内装

外面のモノグラムで落ち着いた感じとは対象に、中身は真っ赤です。

小さいポケットが2か所あるので、ちょっとしたカードを収納出来ます。

チャック付きのポケットが1箇所ついています。

あまり大きく開かないので、カード類など、薄いものしか収納出来なさそうです。

内部にあるフックをすることで、大きく開かないようにできます。

あまり、フックは利用したことがないのですが

中身によって、外側に大きく開いたりしないようにできますね。

あとは、防犯対策・・・かなと思いますが

GMサイズだとあまり意味が無さそうですね。

ショルダーバックとして利用可能

肩掛けできるので、ショッピングバックとしても利用出来ます。

“オンザゴーGM”サイズを使ってみて良かったところ

とにかく目立つ!ジャイアント・モノグラム!


一部のオンザゴーを除き、この象徴的な“ジャイアントモノグラム”は一目でルイヴィトンだとわかるぐらい、目立つものになっています。

また、オンザゴーは形状がしっかりしているので

ネヴァーフルより、少しフォーマルよりな印象を受けます。

発売当初は、あまり認知されていなかったものの

今では、毎回コレクションで新しいデザインが発売され続けていることもあり

新たなアイコンバックとしての認知度も広がってきています。

街中でも、結構目立つバックになっていると思います。

豊富な収納力

着替えはスーツケースに入れて

小物など必要なものはオンザゴーに詰め込んでいきました。

  • 財布
  • surfaceGoとマウス
  • ポシェット・カサイ
  • 眼鏡ケース
  • ポーチ
  • マスク
  • SoundSport Free wireless headphones
  • 缶コーヒーやガムなど

実際、これだけのアイテムを収納しても、まだ余裕があります。

旅行や、日帰りなんかのちょっとした”お出かけ”で荷物が多い時

収納力抜群で使いやすいですね!

ちなみに、2ℓペットボトルなら4本分余裕で収納できます。

さすがに、この状態で持ち上げる勇気はありませんでしたが・・・(笑)

アクセサリーやバンドーを巻いてアレンジ!

バンドーを巻いたり、金具部にアクセサリーを着けることができるので

自分好みのオンザゴーにアレンジすることが可能です!

アルマなどで良く見るキーチェーンは

オンザゴーのGMサイズ感には少し合わない感じがしました。

“オンザゴーGM”サイズを使ってみて微妙に感じたところ

“収納力”はあるが”耐久性”が少し心配

豊富な収納力と矛盾してしまいますが、耐久性が少し心配です。

“ネヴァーフル”と同じであれば100kgまで耐えられる設計になっていますが…

  • ハンドルの部分
  • 肩掛けの部分

裁縫はしっかりしてありますが、あまり重いものを入れると、傷んでしまいそうで怖いですね。

底が引っ張られる事で”綺麗な四角い形状”が保てなくなるのが、心配なので

重いものは入れるのを入れるのはためらいしますね、

単純に大きい”GM”サイズ

ちょっとしたお出かけって考えた時に

お財布と携帯だけだと、単純に大きすぎます!

普段使いは、難しいサイズでした。

気軽に使いたい、かつ、ちょっと荷物を入れれるような感じでいい!

なら、オンザゴーのMMサイズがオススメかなと思います。

肩掛け用のショルダーストラップが取り外し出来ない

肩掛け用のストラップが取り外し出来ないので、荷物に引っかかる事があります。

基本、肩掛けしないので、取り外しが出来ればよかったですね。

中で荷物と擦れたりすると、双方傷んでしまいますからね。

普段使いならメンズしてはオススメ!レディースならMMが良さそう!

身長173cmの自分ですが、それでもかなりの大きさです。

小柄な女性だと、バックが大きすぎてしまうかもしれません。

メンズバックとして使ってきた個人的な意見ですが

メリット
  • 買い物するときに収納力が高いので、大体のものは入れられる
  • 荷物が多くなる旅行で、すぐ取り出したいものを入れるのに便利
  • ジャケットなどの収納も余裕なので、とりあえず持ってくときに使える
  • とりあえず、目立つ(笑)

といった感じです。

普段使いのちょっとしたお出かけに使いたい場合は

“オンザゴーMM”サイズをオススメします。

僕は、もう1つ購入できる余裕があるのであれば、

お出かけ用に”オンザゴーMM”が欲しいと思えるぐらい。

“オンザゴーGM”は大きかったです!

スポンサーリンク
ABOUT ME
Patte
Patte
旅するスタバ好きおっさん
パッテログはおでかけ(旅行記、宿泊記)や商品レビュー、人生ノウハウを中心とした雑記帳です。体感した事、感じた事をメインに記事を書いています。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました