雑記

【2022年11月価格改定】ルイヴィトンの値上げはいつから?定番のバックシリーズの価格改定前後を比較!

Patte

2022年11月01日より価格改定が行われたルイヴィトン

定番のバックシリーズでまとめてみました。

事前情報では、今回はバックの価格改定は無いような感じでしたが

一律、すべての製品で価格改定がありました!!!

2022年11月07日の価格情報からまとめております。

スポンサーリンク

ハイラインシリーズ

ルイヴィトンのハイラインシリーズ

前回の2022年02月では最大25%近い値上がりになりましたが

今回はどうでしょうか。

カプシーヌ

現在、ルイヴィトンのバックラインで高級ラインになっている

カプシーヌは一律3%程の価格アップでした。

現在(2022/11/01)の価格は、次のようになっています。

サイズ定前改定後価格差値上率
MINI737,000737,000+22,0003%
BB737,000836,000+22,0003%
MM896,500924,000+27,5003%
トリヨンレザーのカプシーヌを基準


3%とはいえど、元の値段が高額なので、全体的に2万円以上の価格アップです。

MMサイズはついに90万超えになりました

妻にプレゼントした初めてのカプシーヌPM(現在のMM)

2019年11月では654,500円で購入していますが

11月の改定で、951,500円(+297,000)となりました。

いよいよ100万円が見えてきた感じですね・・・!

ツイスト

続いてルイヴィトンでは

カプシーヌの次に高価なラインになっている

ツイスト

引用:ルイヴィトン公式

こちらも元の定価が高額なので、数パーセントの値上がりもかなりの金額ですね。

現在(2022/11/01)の価格は、次のようになっています。

サイズ改定前改定後価格差値上率
MINI457,600521,400+63,80013%
PM489,500555,500+16,5003%
MM522,500588,500+16,5003%

前回(2月)では、価格の上げ幅が少なかったMINIが

他のサイズに合わせた価格改定になったようで、値上げ率が上がっていますが

基本的には3%アップですね。

シティ・スティーマー

ルイヴィトンの中では高価格帯に入る製品の

シティ・スティーマー

現在(2022/02/16)の価格は、次のようになっています。

サイズ改定前改定後価格差値上率
MM498,300513,700+15,4003%

シティ・スティーマーは公式HPからMM以外のサイズが無くなっていました。

廃盤になってしまうのか。。。

新しいモデルで、シティ・ステーマーが販売されました!

アイコニックなモノグラム・バックも一律アップ!

ルイヴィトンを象徴する

モノグラムバックも一律に価格改定されています。

アルマ

ルイヴィトンでは定番中の定番である

アルマ

サイズ10/31改定前11/01以降価格差値上率
ナノ162,800
BB179,300218,900+6,6003%
PM188,100243,100+6,6003%
MM195,800

こちらも、一律3%アップでした。

ナノとMMは公式HPから見つけることが出来ませんでした。

筆者がルイヴィトンを買い始めた最初のバックがアルマBBですが

2019年09月購入時点の価格は167,400円

今回の価格改定で3年で+51,500円(31%)も値上がりました。

そのうち、おいそれと買えないレベルに達しそうですね・・・。

スピーディ

アルマと対を成して、ルイヴィトンの中でも定番の

スピーディ

引用:ルイヴィトン公式

現在(2022/11/01)の価格は、次のようになっています。

サイズ改定前改定後価格差値上率
25179,300184,800+5,5003%
30188,100193,600+5,5003%
35195,800201,300+5,5003%

こちらも一律3%ではありますが

唯一、全サイズで10万円台だった

スピーディも”35サイズ”がついに20万円を超えました。

来年ぐらいには”25~30″サイズも20万を超えてくるような気がします。

ネヴァーフル

使いやすく、幅広い年代層で持っている人を見る

ネヴァーフル

引用:ルイヴィトン公式
サイズ改定前改定後価格差値上率
PM236,500243,100+6,6003%
MM245,300253,000+7,7003%
GM253,000260,700+7,7003%

以前から価格が高額の分類に入っていたので

そこまでのインパクトが無いかもしれないですね。

無い・・・かもしれませんね。

オンザゴー

発売当初から人気の

オンザゴー

用途はネヴァーフルと近い感じになりそうですが、しっかりした形状で使いやすいです。

サイズ改定前改定後価格差値上率
MM386,100386,100+11,0003%
GM391,600403,700+12,1003%

こちらも、一律3%ではありますが

元の価格が高額なので10,000円以上の値上がりです。

GMに関しては40万円を超えてきましたね・・・。

2019年12月発売時点の価格は299,000円

当時でもかなりの高額ラインでしたが、

今回の価格改定で発売価格から10万円近い値上がりとなりました。

番外編:ホリデイ・コレクション

今年も発売されました!

ホリデイ・コレクション

引用:ルイヴィトン公式

価格は44,000円!!!

おや・・・?

と、思って購入履歴を見直してみると・・・

2020年発売

2021年発売

前年当年価格差値上率
2021年29,70036,300+6,60022%
2022年36,30044,000+7,70021%

バックばかりに目をとられていましたが・・・!

このチャーム、毎年20%近い値上がり!!!!

中古市場も値上がり中

中古市場の値上がりも始まっている感じですね。

現在のアルマBBで、買取価格が一番高かったお店の参考価格です。

状態買取価格
新品172,000円
未使用品167,000円
中古160,000円

中古買取価格をさっと確認してみると

最大160,000円買取なので

もう少しで筆者購入価格より、中古買取価格の方が高くなります!

実際は使用感などで最大買取価格には届かないと思いますが

それでも、早めに買っておいて良かったと思えます。

価格改定により値段は上がっていくだろう

実施されました価格改定

結果としては一律3%程でしたが

元が高額の製品は、価格差だけで比較すると、かなりの値上がりですね。

ただ、それより、チャームの値上がりが凄かったといった印象です。

2024年にはチャームだけで5万円といったレベルになってしまうのでは・・・

そんな感じがしますね。

また、しばらくはバックの価格改定は無いと思いますが

時計やシューズなど、バック以外の製品は定期的に価格が上がっています。

一度、値上げすると価格を下げることはしないと思います。

購入するのであれば、今が一番安くなるでしょうね!

スポンサーリンク
ABOUT ME
Patte
Patte
旅するスタバ好きおっさん
パッテログはおでかけ(旅行記、宿泊記)や商品レビュー、人生ノウハウを中心とした雑記帳です。体感した事、感じた事をメインに記事を書いています。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました