レビュー

【リニューアル】資生堂メン”フェイス クレンザー、スキンケア成分配合でより良く肌を洗顔!

発売日に購入したものの、前の製品を使いきれずなかなかレビュー出来なかった

資生堂メン”フェイス クレンザー”

晴れて、使うタイミングが来たので、使い心地や新旧などの比較をレビューしていきたいと思います!

資生堂メン”フェイス クレンザー”製品情報

発売日2021年03月21日
製品洗顔料
容量130g
価格2,750円(税込)
1g単価約21円

使用方法が、1cm(1g)となっていますので

1回あたり21円、1パッケージで約130回分です。

シェービング用として使う場合は、少し多めに使った方が良いのですが、それでも100回分ぐらいにはなるでしょうか。

実際、2020年11月ごろに購入した旧パッケージの130gを2月ぐらいで使い切っていましたので、
1日1回の使用であれば3か月ぐらい使う事が出来ますね。

実際に使ってみた感想

元々、旧パッケージの製品を利用していましたが、リニューアル版を利用して感じた事は次の3つ

  • 泡が”より”キメ細かく、なめらかになった
  • 髭剃り後の肌荒れが減った
  • 洗顔後の”つるつる”感が増した

泡立ては”ほいっぷるん”で泡立てしています。

簡単に泡立て出来る製品です。
シェービング用の泡を作るのにもマジでオススメ。(詳しくは別記事で)

ダイソー泡立て器"ほいっぷるん"は凄かった!洗顔料がめちゃくちゃ楽に泡立ちます!良く泡立てろって言われれも、そう簡単には泡立てることって難しいですよね。 洗顔料の中にはシェービングにも使えるものがありますが。結局、泡立てが上手く出来ないと使えないですよね。そんな悩みを解決してくれるのがダイソーから発売されている"ほいっぷるん"です!...

とゆうことで、推奨の使用量”1g”(だいたい)でカシャカシャやってみます。

30秒ぐらいで濃厚な泡が出来上がりました。

吸着性が良いのか、逆さにしても全然落ちてこない。
しっかり汚れに吸い付いてくれそう!

泡もめちゃくちゃキメ細かい泡が出来上がりました!

髭剃りにも適した製品

朝からヒゲ剃りをする人で”泡”タイプのシェーピングフォームを使っている方には特にオススメ。

“グリセリン”や”PEG”などの保湿成分が入っています。

ヒゲを剃ると、どうしても肌にダメージが入ってしましますが、

スキンケア成分も入っているので安心ですね。

個人差がある部分なので、人によりけりとなってしまいますが。

肌荒れしやすい、敏感肌の筆者です。

剃っている間のヒリヒリ感は無く、お風呂上がりの化粧水でもヒリヒリした感じが出なかったので、このあたりは好感触でした!

しっかり汚れを落としてくれるので、洗顔ツルツルに!

吸着性があるところに、キメ細かい泡ですので、

なんとなく、擦っていると気持ちいい感じに洗顔後の肌は”ツルツル”しています。

従来の製品との違い

次に従来の製品との違いです。

左:旧パッケージ  右:リニューアル

価格が値上がりになった

従来の製品より550円値上がりとなってしまった新製品。

理由として、スキンケア成分が配合されたこともあるかもしれませんが。

同時発売された「SHISEIDOメン ビジュアルエンハンサー」や「クリアステックUVプロテクター」など

“メンズ化粧品”ラインのメイクアップを落とす機能が新たに追加されたことでしょう。

以前、別の記事で従来の製品は「2,200円(税込)※1gあたり16円」と

デパコスの中では非常に良いコスパを誇っていました。

「2,750円(税込)※1gあたり21円」となってしまったので、少し高めの洗顔料になっています。

とはいえ

  • 洗浄能力の向上
  • 泡立ちの良さ(シェービングフォーム可)
  • アフターケア(スキンケア成分)

これらの機能性が向上していることを考えると、500円程度のアップは仕方ないかなと思います。

旧製品でも、シェービングフォームとして利用出来ましたが、こちらの方がより、アフターケアが考えられていますからね。

シェービングフォームは別の製品を使っている場合

こちらで兼用していまうことで、コストを抑え、肌のケアも出来ちゃいますね。

パッケージの変更

容器も大幅にリニューアルされていました。

左:旧製品
右:リニューアル後

となっています。

左:旧パッケージ  右:リニューアル
左:旧パッケージ  右:リニューアル

旧パッケージから、横幅が増え、スリムになったパッケージとなりました。

旧製品のチューブの形状では、最後まで使い切るのに、結構頑張って出さないといけない感じでした。

今回、リニューアルされたパッケージでは、最後までの使いやすさが向上しているとのことです。(※)
※まだ、最後まで使い切れていないので、使い切ったら追記します。

リニューアルされた資生堂メン

リニューアルされた資生堂メンのフェイスクレンザー

筆頭すべきは

  • 洗浄力のアップ(メイクアップまで落とせる)
  • アフターケア(スキンケア成分配合)
  • シェービングフォームとしても使える

このあたりでしょう。

20代の若いうちは、あまり気にしていませんでしたが…

自分も30代後半を迎え、”スキンケア”について考え始める年齢になってしまいました。

“美容は自己投資”みたいなものですが、気が付いた時から

ケアを初めても遅いと思っています。

価格に関しても、値上がりしてしまったものの

1回21円のスキンケア(シェービング併用)だと思えば、そこまで高く感じないと思います。

それにしても、メンズラインは、レディースラインより安くて助かります…

妻の化粧品の半額ぐらいで買えてしまう(‘ω’)