雑記

【簡単】「お茶パック」で作る、水出しコーヒーの作り方!

お家時間や、在宅ワークが増える中。

コーヒーを自宅で飲む機会が増えているかと思います。

ホットコーヒーであれば、ドリップパックにお湯を注いで作れますが

アイスコーヒーは、缶を買うか、出来合いのパックをストックするかのいずれかでした。

正直、毎回買いに行くのも面倒だし、それなりにコストもかかります。

そこで、水出しコーヒーを作ってみようと思ったところ

「お茶パック」を使えば、意外と簡単に作れることがわかったので

紹介していきたいと思います。

用意するもの

  • お茶パック
  • ボトル
  • コーヒー(深剃りした豆がオススメ)

これだけあれば、作る事ができます!

こだわりがある方は、お水にもこだわりを入れた方が良いと思いますが。

水道水でも良いと思います。

浄水機能があれば、なおの事いいですが…

水まで準備してしまうと、結局、出来合いのものを買った方が良くなってしまいますね。

お茶パック

マチがあり・フタがしっかりしまるので、イオンのTOPVALUを使っています。

お茶パックは、ダイソーなどの100円ショップでなくても、スーパーでも100円なので探してみて下さい!

ボトル

ボトルはコーヒーフィルターがあってもなくても大丈夫です。

もし、お手持ちのボトルにフィルターがあっても、お茶パックを使う事をオススメします。

パックであれば、さっと捨てられるのでフィルターの掃除が楽です。

コーヒー(深剃りした豆がオススメ)

自分で作る水出しコーヒーのメリットは好きなコーヒー豆を扱える点。

この1点につきます!

例えば、スターバックスやカルディなどのコーヒー豆を取り扱っているところでは

店頭でコーヒー豆を挽いてくれます。

夏の時期なら、アイスコーヒー専用のブレンドを扱っていますし

ちょっとリッチに、ブルーマウンテンブレンドで水出しコーヒーを作ってみるのも良いのではないでしょうか。

お茶パックを使った水出しコーヒーの作り方

作り方はいたってシンプルで簡単です!

お茶パックに挽いたコーヒーを入れる

お茶パックにコーヒーを入れます。

あまり、入れすぎてしまうと、ふたがしまらなくなってしまいます。

半分より少し多いぐらいにした方がいいでしょう。

ボトルの大きさに合わせて1~2個作りましょう!

僕が使っているボトルは1.1Lなので、2パック用意しています。

ボトルの中に投入して、水を入れる

ボトルの中にパックを投入して、水を入れて行きます。

パックが浮いてきちゃいますので、最後に軽く押し込んで全体を湿らせる程度で大丈夫です。

お水については、ウォータサーバーの水を使っていましたが

浄水機能があるので、最近では水道水(浄水)しか使ってません。

冷蔵庫で12時間以上放置する

あとは、冷蔵庫に入れて出来上がるのを待つだけです!

コーヒー粉によって適切な抽出時間があると思いますが。

12時間も抽出すれば、良い感じの濃さになると思います。

少し飲んでみて、丁度良い濃さであれば、パックは取り出してしまいましょう。

また、濃くなりすぎた場合は、氷を多めに入れるなどして調整してみてください。

お家で簡単に水出しコーヒーを作ろう!

水出しコーヒーは、夜に冷蔵庫に放り込んで朝には抽出されています。

在宅ワークが増えている中、自宅でコーヒーを飲む機会は多くなっているのではないでしょうか。

お手軽に作れる”水出しコーヒー”

是非、お家でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ではでは~。